国鉄・0系新幹線電車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/jnrec71.htm

html/jnrec72.htm

html/jnrec73.htm

html/jnrec74.htm

'76-8-21 京都

'76-5-15 米原〜京都 (尼子付近)

'76-5-15 米原〜京都 (尼子付近)

'91-4-20 東京

 


'84-6-7 西明石〜姫路 (加古川付近)



 
 0系新幹線電車は、'64年の東海道新幹線開業時に
 登場した最初の新幹線車両形式である。
 世界初の200km/hを超える営業運転速度と安定した
 走行振りは、それまでの在来線用とは概念を全く異
 にする信号システムや運行管理システム等、総合システム
 技術の結集と相まって、大量、高速、安全という現在
 に至る新幹線の信頼性を築き上げ、"Shinkansen"の
 名を世界中に広めた。

 0系と一般に呼ばれる様になったのは200系や100系
 が登場する頃以降であり、それまでは単に「新幹線
 電車」と称していた。
 この頃の0系は、大量に乗客を運ぶための画一化さ
 れたシステムの構成要素の一つであり、趣味や撮影の
 対象としては捉えられていなかった。私の撮影記録
 も上記の如く、恥ずかしい程僅かしか残っていない
 のが残念である。
 
 '08年末頃には山陽区間のこだま運用を最後に引退
 した。その愛嬌ある団子鼻と長年の愛着がさよなら
 ブームを呼んだのが、記憶に新しい。

         ← 
'08-8-15 西明石