国鉄・117系 "新快速"電車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/jnrecx11.htm

html/jnrecx12.htm

html/jnrecx13.htm

html/jnrecx14.htm

'87-5-4 京都

'82-1-17 三ノ宮

'83-5-22 加古川

'85-4-27 姫路

 


'81-8-30 須磨〜塩屋

 
 117系は、京阪神地区での東海道・山陽線で運行される
 特別料金不要の最速列車"新快速"として、113系や153
 系の跡を継ぎ'80年より導入された。

 近郊形を基本としつつも、2扉オール転換クロスシートの
 車内設備に、流線形の正面非貫通構造を採用した。戦前
 の急電52系を髣髴させるクリームとマルーンのツートン
 カラーで颯爽と登場し、「シティーライナー」という愛称で
 新快速の増発と運転区間延長等、輸送改善に貢献した。
 
 最高速度向上に対応出来ないため、'91年からは新快速
 での運用は次第に縮小し、'99年には223系に道を譲った。
 現在でも京都、岡山、和歌山等の各地区でローカル運用
 に健在であるが、上記には新快速として京阪神間で活躍
 中であった頃の姿を紹介する。