国鉄・EF58形 直流電気機関車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/jnrel11.htm

html/jnrel12.htm

html/jnrel13.htm

html/jnrel14.htm

'69-8-8 倉敷
21号機

'75-3-5 大阪
64号機
22レ ”あかつき7号”

'75-4-29 名古屋
83号機

'75-8-2 小田原
150号機

 


'71-12-18 住吉〜本山間 14号機
206レ ”日南3号”


(注:動態保存された車両もその後、次第に運用を
離脱し、さいたま鉄博やリニア・鉄道館、京都鉄道
博物館などで保存展示されるのみとなりました。)


 EF58形ELは、デッキ付き箱型車体であった初期形
 も含め'43〜'58年にかけて172両が製造された国鉄
 を代表する旅客用直流電気機関車である。

 東海道・山陽線、高崎・上越線、東北線黒磯以南の
 主要幹線で用いられ、蒸気暖房装置装備だったの
 で、'50〜'70年代の旅客列車の殆どをEF58が牽引
 していたと言っても過言では無い程、印象が強い。
 その後登場した新性能機に劣らない高速性能を有
 していたので、'70年代末期頃まで関西〜九州間の
 ブルートレイン牽引に活躍した。

 現在では、お召し列車専用に製作された61号機を
 始め、動態保存として4両が在籍するに過ぎない。
(注)
 湘南形をルーツとする正面二枚窓流線型の斬新な
 車体デザインと、正面窓下のクロームメッキの優雅
 な飾り帯と相まって、今でも人気が高い。