国鉄・72系通勤電車(首都圏の国電)

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/jre51.htm

html/jre52.htm

html/jre53.htm

html/jre54.htm

'74-3-11 東神奈川 (横浜線)

'74-3-12 我孫子 (成田線)

'75-8-4 沢井 (青梅線)

'74-11-7 御殿場 (御殿場線)




      '77-3-13 橋本 (横浜線)


 72系は戦時設計の63系を母体として生まれた20m
 通勤電車で、戦後の混乱期に大量生産され大都市
 通勤輸送の増強に貢献した。
 
 '70年代初めまでには京浜東北、山手、中央、総武、
 常磐等の主要幹線では既に101、103系に置き換わ
 ったが、その他の近郊電化区間では未だ旧性能で
 非冷房の72系の天下であった。
 ぶどう色塗色、4ドアロングシートに吊掛駆動と、魅力に
 乏しいため、私は乗り潰しのために利用する際に、
 上記に示すスナップ程度を記録したに過ぎない。

 '70年代末期頃には、著しい老朽化のため、殆どの
 線区で急速にその姿を消してしまった。