函館・88年2月

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/jrn11.htm

html/jrn12.htm

html/jrn13.htm

html/jrn14.htm

'88-2-12 青函運転区
ED79 8

'88-2-13 函館
キハ22 309

'88-2-16 函館
ED79 16

'88-2-16 函館
キハ183系 ”北斗”




     '88-2-13 函館 DE10 1718


 '88年(昭和63年)3月13日の津軽海峡線開業を
 1ヶ月後に控えた函館の風景であり、青函トンネル
 専用機であるED79が連日試運転を重ねていた。
 鳴り物入りで開通した津軽海峡線ではあったが、
 札幌までの移動時間を考えるともはや航空機の
 敵では無く、乗客輸送量はその後芳しくない。

 青函トンネルの入口、出口付近では温度差による
 濃霧が発生し、トンネル突入と共に窓外の景色は
 白一色に変わり、幻想の世界に引きずり込まれ
 る様であった。