筑豊本線・冷水峠

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/jrq31.htm

html/jrq32.htm

html/jrq33.htm

html/jrq34.htm

'71-3-25 筑前山家〜筑前内野
723レ D50 205号機

'71-3-25 筑前山家〜筑前内野
721レ D60 52号機

'71-3-25 筑前山家〜筑前内野
728レ C55 53号機

'71-3-25 筑前山家〜筑前内野
1732レ D60 52号機




'71-3-25 筑前山家〜筑前内野
2764レ D50 205号機


 
 筑豊本線は、かつては石炭の積み出し港若松と筑豊炭田
 の中心直方、飯塚を結ぶ鉄道として明治20年代に開通し、
 その後鹿児島本線の原田まで結ばれた幹線であった。

 筑前内野〜筑前山家間には25‰が連続し、古豪D50、D60
 が奮闘していた。上に紹介した'71年当時も現在も、運行は
 篠栗線直通系統の方が圧倒的に多く、この区間の本数は
 殆ど変わっていないが、優等列車としてDC特急”かもめ”が
 走っていたのが想い出される。

 この日は、明け方前の一番列車で筑前山家駅に降り立った
 同好の志が十数人居ただろうか? 皆黙々と峠を目指して
 夜道を歩き、その内に一人抜け二人抜けして遂に私一人と
 なって彷徨い、当時150円だった幕の内弁当を食べながら
 C55を待っていたのが懐かしい。