梅小路蒸気機関車館開館・1972年10月

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/jrw81.htm

html/jrw82.htm

html/jrw83.htm

html/jrw84.htm

'72-10-28 梅小路

'72-10-28 梅小路

'72-10-28 梅小路

'72-10-28 七条壬生通



'72-10-28 梅小路 C62 2号機

 
 鉄道100年記念事業の一つとして蒸気機関車の動態保存が
 計画され、歴史的価値のある代表的な16形式17機種(その
 後C62 1号機が追加)を全国から集めて、梅小路機関区で公
 開する事に決定された。C51 239は新潟鉄道学園に展示され
 ていた車両を復元し、C53 45は大阪交通科学館に保存中の
 車両を移設するなど、1972年10月10日にオープンとなった。

 当時のF誌の記事では初日の入場者数はSLブームを反映し
 て11,965人と大変なにぎわいだったそうだが、私が中間テスト
 を終えて10月28日(土曜)の午後に訪れた頃は、もう比較的
 閑散としていた。京都駅から市電に揺られて辿り着き、憧れ
 のスワローエンゼルと対面出来たが、当日の展示運転は午
 前中にでも終了してしまったのか、火を落とした黒い塊がただ
 扇形庫に並んでいるだけで、少々期待外れの感がした。

 最近でもちびっ子ファンが朝早くから集い、乗客が定員になり
 次第構内運転が随時運行されるといった盛況振りである。
 
   
近影(D51 200号機 構内運転風景 '02-9-15)



記念石碑

当日のパンフレット