国鉄・加古川線

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/jrwx91.htm

html/jrwx92.htm

html/jrwx93.htm

html/jrwx94.htm

'83-5-22 加古川
キハ35+キハ20

'84-6-7 粟生
キハ20+キハ36

'84-6-7 粟生
キハ36+キハ20

'84-6-7 加古川
キハ20+キハ36、マニ36



 
 国鉄末期の頃の加古川線を紹介する。加古川線は、兵庫県南部に
 位置する東播磨の中心地加古川から北へ向かい、幾つかの支線を
 分岐しながら福知山線と連絡する谷川へと至る非電化線であった。
 
 厄神では三木線、粟生では北条線と神戸電鉄・粟生線に連絡し、更
 には野村(現 西脇市駅)で鍛冶屋線に接続していた。殆どの列車が
 鍛冶屋線の西脇、或いは鍛冶屋まで直通し、終点の谷川へ行くには
 野村にて乗り換えを必要としていた。

 この当時は、主としてタラコ色のキハ20系+キハ35系の2連が運転
 されており、加古川からそのまま高砂線に乗り入れる運用もあった。
 粟生では上下列車が交換すると同時に北条線や粟生線とも連絡して、
 ホームはひと時の賑わいを見せていた。

        ←  
'84-6-7 粟生 キハ20+キハ36