鹿児島市交通局(1)−82年8月

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/kgsk11.htm

html/kgsk12.htm

html/kgsk13.htm

html/kgsk14.htm

'82-8-3 鹿児島駅前
460形 462

'82-8-3 鹿児島駅前
500形 507

'82-8-4 谷山
600形 601

'82-8-4'82-8-4 谷山
600形 608 / 800形 826
(元大阪市電2600形2710)




'82-8-4 鴨池〜郡元間
800形 811 (元大阪市電 2600形 2699)

 
 日本最南端の路面電車である鹿児島交通局では、
 南国らしい塗色の電車がきれいに整備されて活躍
 していた。
 私が訪問した頃には既に'66年から大量に購入した
 大阪市電の車両によって旧車は整理され、全て600
 形と同様の正面3枚窓の車体に統一されていた。
 軽快な走りだが、窓を一杯に開けて走行すると桜島
 の降灰の影響で目が痛かったのを覚えている。

 '85年には不採算路線であった伊敷線と上町線を廃
 止したものの、2110形以降のVVVF車採用や800形
 車体更新車9500形の登場、超低床車「ユートラム」
 1000形の導入など積極的な改善施策を展開して、
 広島や熊本と同様路面電車の復興をPRしている。

  ('72年5月の様子は下記アルバムをご覧下さい)
       "鹿児島市交通局(2)−72年5月"