東海道本線・西ノ宮・1972年

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/jrw91.htm

html/jrw92.htm

html/jrw93.htm

html/jrw94.htm

'72-10-22 西ノ宮〜芦屋
C62 2号機

'72-10-22 西ノ宮〜芦屋
C62 2号機

'72-11-12 西ノ宮〜芦屋
EF61 13号機

'72-3-18 西ノ宮〜芦屋
EF65 89号機



'72-11-12 西ノ宮〜芦屋 EF61 9号機


C62 2号機走行時の沿線風景

 
 家から自転車に乗って10分程で東海道線の線路端
 に行けるので、良く撮影に出かけた。上記には鉄道
 100年で沸く1972年の様子を紹介する。
 梅小路にやって来たC62 2号機が久しぶりに東海道
 山陽線を記念列車として走ったのが、10月22日で
 あった。丁度SLブームと相まって沿線至る所にマニア
 がカメラの放列を敷いていたが、一般の人々も見学
 に大勢繰り出していた。

 SL運転はこの後、京都〜姫路間を走る白鷺号など
 として時折運行されていたが、沿線の熱中振りはもの
 凄く、遂に'76年9月4日の京阪100年号の人身事故
 を契機に中止されてしまったのは残念である。

 EL牽引の貨物列車も頻繁に運行され、ワム、トラ、
 ツム、レム等の多彩な二軸貨車を沢山従えた列車
 が来ると思わず両数を数えたものだが、この頃から
 コンテナ貨物が急速に普及し出した。EF61は全車
 広島機関区に所属し、山陽筋で客貨に活躍した。

    
('73年の様子は下記アルバムをご覧下さい)
      
"東海道本線・西ノ宮・73年3月"