北近畿タンゴ鉄道・KTR001形

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/ktr11.htm

html/ktr12.htm

html/ktr13.htm

html/ktr14.htm

'04-6-13 新三田

'04-1-31 大阪

'02-3-22 伊丹

'07-12-8 川西池田

html/ktr15.htm

html/ktr16.htm

html/ktr17.htm

html/ktr18.htm

'02-9-16 中山寺

'09-7-12 道場

'10-6-19 東淀川

'90-6-16 久美浜




'04-6-12 宝塚

 
 北近畿タンゴ鉄道は、鉄建公団が建設した宮福線と、旧国鉄
 から引き継いだ宮津線を経営する第三セクターであるが、'90
 年に登場したKTR001形が看板列車であった。
 
 「タンゴエクスプローラー」の愛称で親しまれ、メタリックゴールド
 のボディにオールハイデッカーという豪華な客室で魅了した。
 運行開始から京都発着、または新大阪発着の直通特急として
 活躍したが、老朽化に伴って'11年3月からは線内特急に転用
 され、遂には'13年3月からは定期運用からは外されてしまった。

 上記は、新大阪まで乗り入れていた時代に於ける、福知山線
 大阪〜三田近辺での活躍の様子を中心に紹介する。
 3両編成が2本製作され、他客時には2編成を併結した6両編成
 で運行されていたのが懐かしい。