北近畿タンゴ鉄道・KTR8000形

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/ktr21.htm

html/ktr22.htm

html/ktr23.htm

html/ktr24.htm

'14-7-22 天橋立

'01-9-30 網野

'04-9-7 嵯峨嵐山

'06-3-30 新大阪

html/ktr25.htm

html/ktr26.htm

html/ktr27.htm

html/ktr28.htm

'12-8-10 木津温泉

'12-8-10 木津温泉〜網野

'12-8-10 木津温泉〜網野

'12-8-11 天橋立〜宮津




'06-10-15 福知山線・三田〜道場

 
 北近畿タンゴ鉄道・KTR8000形は "タンゴディスカバリー" の愛称で
 活躍した特急用気動車で、 "タンゴエクスプローラ−" KTR001形に
 次いで'96年に導入された。
 登場時は福知山線経由で新大阪にも顔を出し、一部編成は183
 系との併結機能も有していたが、その後は主に山陰線系統の特急
 や線内快速で活躍している。

 波模様を施したエメラルドグリーンとホワイトのツートンカラーで清楚
 な外観であったが、「タンゴディスカバリー」という愛称名は廃止され、
 15年からは全編成が順次「丹後の海」をイメージした藍色メタリック
 塗装色にリニューアル改造されてしまった。
 上記にはリニューアル前の姿を紹介する。

    
(タンゴエクスプローラーKTR001形は下記アルバムをご覧下さい)
          "北近畿タンゴ鉄道・KTR001形"