国鉄・581系電車

画像をクリックして拡大写真をご覧下さい。

html/jnrec21.htm

html/jnrec22.htm

html/jnrec23.htm

html/jnrec24.htm

'71-12-18 住吉
10M ”きりしま”

'75-4-29 大阪
24M ”なは”

'75-2-27 八本松
1011M ”つばめ1号”

'71-12-18 住吉
3M ”はと1号”

 

'75-3-6 大阪 2021M ”金星”

(近郊形改造後の姿は
  ”国鉄・715/419系電車” をご覧下さい)

 
 '67年10月ダイヤ改正で昼行”みどり”、夜行”月光”
 として山陽路にデビューした581系は、翌年から50/
 60Hz両用の583系に移行し、昼夜兼行で全国に活
 躍し、車両運用効率の大幅な向上を図った。
 登場時に国鉄三宮駅に大きな横断幕が掲げられ、
 ”世界初の寝台電車「月光号」登場!”と書かれて
 いたのが懐かしい。上記には、山陽特急に多く充
 当されていた頃を紹介する。

 下段の寝台幅1,000mmと相まって、密連による眠り
 心地はすこぶる良好であったが、昼間時の向い合
 せ固定クロスや窓面積が小さく見通しの悪い車内
 は、特急にふさわしいものでは無いと感じた。
 寝台需要の衰退と共に近郊形に改造されたり、波
 動輸送中心になったのが惜しまれる。